作品詳細

彼岸過迄
418円
「行人」「こゝろ」とつづく後期三部作の序曲。このあたりからの作品は漱石自身の問題に密着してくる。人間ゆえのエゴイズムの悲劇は、自意識をもてあます須永と千代子に……。1912年の作品。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン