作品詳細

食べちゃいたいほど愛してる。
220円
「はい、あーんっ」薄い茶色のサラ髪に、大きくて綺麗な二重瞼の瞳。筋の通った鼻筋に、薄く女性的な唇。そんな美少年の佐野が差し出すのは、いつも休憩で食べているケーキ。「……あの、摘まむの、やめてって、言ってるんだけど」「だって気持ちいいんだもん」洋菓子店でウエイトレスをしている碧依は、いつも休憩で一緒になる大学生アルバイトの佐野に、ケーキを食べながら二の腕の肉を揉まれている。「四つも年下のくせに、バイトのくせに、後輩のくせに、ため口で子ども扱いをして、なおかつ二の腕を摘まむんだから」と、碧依は怒っているが、目の前で佐野が笑えば、顔はゆでだこのように赤くなっていった。ほんのり甘くて、気持ちがあったかくなる、逢見るいのラブストーリー。ぜひお楽しみください。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン