作品詳細

父子十手捕物日記
父子十手捕物日記 夫婦笑み
691円
18巻まで配信中
お春から嬉しい報せを聞けたものの、幸せ満ちる間もなく、辻斬りの探索に奔る文之介。殺されたのは、大身旗本の松平駿河守が心酔する僧侶の中完だった。怪しげな家臣を抱える駿河守に目をつけた文之介と勇七は、隅々まで身辺を洗うことに―。その頃、一風変わった人形師の玄馬斎に用心棒を依頼された丈右衛門は、何者かに拐かされてしまい……。絶大な人気を博した代表作、ついに大団円。
父子十手捕物日記
649円
名同心の父から十手を受け継いで二年、美味い物と娘の…
父子十手捕物日記
649円
執拗に命を狙ってくる見覚えのない浪人が、十六年前に…
父子十手捕物日記
649円
瀬戸物屋の見澤屋が襲われた。この二ヶ月で九軒の大店…
父子十手捕物日記
691円
苦手なお克とついに食事をすることになってしまった文…
父子十手捕物日記
649円
殺しの探索から帰ってきた同心の文之介は、好いている…
父子十手捕物日記
691円
いま府内を騒がしているのは“人を殺さず、蔵に傷付け…
父子十手捕物日記
691円
惚れた娘お春と一緒に歩き、笑顔までかわす小間物売り…
父子十手捕物日記
691円
脅し文の相談で奉行所にやって来た廻船問屋の主人が、…
父子十手捕物日記
691円
捕らえ損ねた盗賊の嘉三郎捜しに励む文之介だが、お克…
父子十手捕物日記
691円
勇七と弥生の祝言で、いささかふつか酔いだが、さすが…
父子十手捕物日記
712円
嘉三郎の仕組んだ罠にはまり、御牧父子と昵懇の藤蔵が…
父子十手捕物日記
691円
葬儀をだしていた男が殺された。死んだはずの商家の隠…

この作品を読んでいる人にオススメ

鈴木英治の他の作品

徳間文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン