作品詳細

風の市兵衛
残照の剣 風の市兵衛 弐
759円
27巻まで配信中
《宰領屋》矢藤太の許に大店両替商《近江屋》から、唐木市兵衛を名指しで仕事の周旋依頼があった。蟄居閉門中の武州川越藩士に手紙を届けてほしいという。二人は川越藩に国替えの噂があり、資金調達のため圧政下にあると知る。異論を唱えた藩士も改易は必定、その時は江戸に迎えたいというのだ。市兵衛は矢藤太と共に川越へ赴くが、到着するや胡乱な輩に囲まれ……。
風の市兵衛
660円
柳原堤下で、武家の心中死体が発見された。旗本にある…
風の市兵衛
660円
内藤新宿開宿以来の老舗磐栄屋が窮地に陥っていた。不…
風の市兵衛
660円
日本橋小網町の醤油酢問屋「広国屋」に風のように一人…
風の市兵衛
660円
お家騒動で揺れる出石(いずし)藩の姫君が江戸市中で…
風の市兵衛
660円
祝言能の高砂(たかさご)が流れる北相馬藩江戸藩邸で…
風の市兵衛
605円
九歳になる江戸音羽(おとわ)の色茶屋の倅・藤蔵は、…
風の市兵衛
605円
謎の祈祷師盗賊団は旗本・桜井長太夫の芸者・歌(うた…
風の市兵衛
660円
“算盤(そろばん)侍”の異名を持つ渡り用人・唐木市…
風の市兵衛
660円
師走雪の夜、元松前奉行配下の旗本が射殺された。銃は…
風の市兵衛
660円
遂に奥平純明が襲撃された。唐木市兵衛は賊が安宅猪史…
風の市兵衛
660円
“算盤(そろばん)侍”の異名を持つ渡り用人・唐木市…
風の市兵衛
660円
「ああいう男はとり除かねば」文政半ばのある年末、江…

この作品を読んでいる人にオススメ

辻堂魁の他の作品

祥伝社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン