作品詳細

虚言癖、嘘つきは病気か Dr.林のこころと脳の相談室特別編
657円
本書は、虚言者、または虚言者かもしれないケースの実例集である。だが彼らを非難する本ではない。虚言についての医学的研究は驚くほど少ない。虚言は精神医学の死角にある。もとより、精神の病とは病気か病気でないかの境界が曖昧なものだ。だから、一人ひとりのお考えが何より大切である。虚言癖、嘘つきは病気か。それは本書の44のケースを通して、読者の一人ひとりにお考えいただく問いである(まえがきより抄訳)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン