作品詳細

十六年待って 髪ゆい猫字屋繁盛記
604円
余命幾ばくもないおしんの心残りは、非業の死をとげた妹のひとり娘のこと。おたみはそんなおしんに心を寄せて、なけなしの形見を届ける役を買って出る。人と真摯に向き合う姿に胸熱くなる江戸人情時代小説!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン