作品詳細

いまさら聞けないビッグデータ
220円
今や「流行語」とも言えるビッグデータだが、実は流行する前から「ビッグデータ的なもの」は生活の中にいくつもあった。ビッグデータの活用とは、「データマイニング(Mining=採掘、鉱業)」と呼ばれるように、大量の情報の中から有用な事実を発見することだ。データマイニングでは、結果のみが重視される。因果関係ではなく、相関関係に注目するのがビッグデータ活用のポイントである。身近な例から「文系でも分かる」ビッグデータ的なものを紹介する。※本書は月刊誌『WEDGE』2013年8月号の特集記事を編集し、電子化したものです。◆アメリカンフットボール、漢方、民俗学 文系でも分かるビッグデータ概論◆ビッグデータ活用に向け 日本に立ちはだかる課題

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン