作品詳細

溜息に似た言葉
1100円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「御縁でもってまた一緒になろう」──川端康成『雪国』より文学作品に書かれたセリフの一言を劇作家・岩松了が読み解き、名作の世界を5人の若手写真家が写す。2005年‐2008年に『Domani』(小学館)で連載されたコラム「溜息に似た言葉」の単行本化。書下し『グレート・ギャツビー』の回と、5人の若手写真家による写真40点、岩松了と若手写真家との対談から生まれた人物エッセイ「写真家の言葉」5本を追加収録。◎いただいたコメント騙されたり、信じたり。泣いたり、笑ったり。傷付いたり、許されたり。言葉って、この世で一番色っぽくて危険なものなのかもしれない。恋をしている若者も、倦怠期を迎えたご夫婦も、この「溜め息に似た言葉」の中に、身に覚えのある瞬間を見つけるはずだ。──小泉今日子岩松さんの前では、すべての言葉が全裸にされます。なので僕は岩松さんの前では<無口な男>を演じ続けています。──リリー・フランキー

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン