作品詳細

アリババの正体―週刊東洋経済eビジネス新書No.64
220円
中国の超巨大ネット通販企業・アリババ。年間の商品取扱高は25兆円にも及び、イーベイや楽天を圧倒。利益水準ではアマゾンにも勝つ。 そのアリババが米国への上場計画を発表し、世界の株式市場を揺るがしている。いまや同社は内需拡大や金融改革など中国の経済政策を動かすほどの存在だ。 創業15年でここまで駆け上がった「怪人」馬雲(ジャック・マー)会長の実像、アリババを動かす中核メンバー、創業期を支えたソフトバンクや米ヤフーとの関係など、謎に包まれた企業の正体に迫った。 本誌は『週刊東洋経済』2014年5月24日号緊急特集の20ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】世界を揺るがすネットの怪人迫るソフトバンクとの決別ヤフーがタオバオを“積極学習”米国投資家の話題独占。アリババのお値段は?美人社長から学生まで密着取材!「アリババ依存症」を追う 買い物が大好き! でもいい店がない バイト学生も熱中! タオバオにはまる理由 配送先は職場! 忙しい上海人もやはりネット派 偽物も多いけど、何でもあるのが魅力 余額宝のおカネで買い物もしてしまうタオバオで月商100万元のスーパー主婦タクシー配車アプリが爆発的に普及アリババの金融大革命日本企業のアリババ活用術革命児 馬雲 野望の原点

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン