作品詳細

若殿八方破れ
若殿八方破れ 江戸の角隠し
737円
10巻まで配信中
念願の仇討ちを果たし、無事江戸の地を踏んだ俊介一行は、周防三田尻湊(すおうみたじりみなと)から船で先に帰らせたおきみの家へ立ち寄ることに。が、母のおはまは、「戻っておりません」と言う。愕然とした俊介は、供につけた伝兵衛の身を確かめるため、急ぎ屋敷へと走るが、いまだ姿を見せておらず……。誰かの企みか、それとも海難か? 病に臥す父幸貫(ゆきつら)の容態は? 相惚ぼれの良美との祝言を阻む困難はいかに? 傑作廻国活劇、ついに最終巻![解説/細谷正充]
若殿八方破れ
712円
寝込みを襲われた。いったい誰が己の命を狙うのか。辛…
若殿八方破れ
701円
中山道馬籠(まごめ)の峠に谺(こだま)が轟いた。凶…
若殿八方破れ
701円
播磨原にほど近い茶店で、狼藉を働いていたやくざ者を…
若殿八方破れ
691円
隣に寝ているはずなのに、姿が見えぬ――。しばらくし…
若殿八方破れ
701円
旅の目当ての地である筑後久留米に到着した真田俊介一…
若殿八方破れ
701円
海路で長州の国府、長府に入った俊介一行。宿場目指し…
若殿八方破れ
701円
周防国(すおうのくに)で何者かに毒を盛られて倒れた…
若殿八方破れ
715円
大坂に到着した俊介らが真っ先に向かったのは、名医が…
若殿八方破れ
737円
大井川を渡れば駿河国──のはずが、良美たちの乗る蓮…
若殿八方破れ
737円
念願の仇討ちを果たし、無事江戸の地を踏んだ俊介一行…

この作品を読んでいる人にオススメ

鈴木英治の他の作品

徳間文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン