作品詳細

光と虫めがね
2112円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。『科学教育研究』(国土社)『仮説実験授業(第2期)』『授業科学研究』(仮説社)から授業書別に再編成したシリーズ。仮説実験授業の授業書〈光と虫めがね〉は,ほとんどすべての人が知っている実験から入ります(そのあと思いもよらない実験に発展していきます)。小学校でも,中学校でも,実験道具さえ準備すれば,確実にたのしい授業が実現できます。〈光と虫めがね〉の授業書全文・解説・授業記録などをまとめた1冊。★★ もくじ ★★・ 授業書〈光と虫めがね〉とその解説  1.この授業書の生い立ち  2.この授業書のねらいと構成  授業書〈光と虫めがね〉・ 授業書〈光と虫めがね〉第4部「光のいたずら」とその解説・ 授業記録〈光と虫めがね〉改訂版・ 学級通信 なぜか私よりカシコイ子どもたち・ 授業通信 「科学のつぶやき」・ 大型カメラの話……〈光と虫めがね〉より  あのいまわしい文化祭を切り抜ける法,他

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン