作品詳細

妻送るまで人でありたし
880円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。施設で過ごす認知症の妻を案じながらの一人暮らしの日々、肉体の痛み、望郷の思いを切々につづった散文集。労働災害の後遺症で頭痛、頸椎の痛み、手足の痺れ、疼きに苦しみながらも、認知症の妻を土にかえすまで、どんなに貧しくとも、苦しくとも人間として生きていかなければならぬ…。後期高齢者が詠う魂の叫び。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン