作品詳細

公文書をつかう 公文書管理制度と歴史研究
2860円
国民共有の知的資源である公文書。知る権利や説明責任を保障し、記憶や記録を未来に伝えていく必要性が求められているいま、二〇一一年に施行された公文書管理法の制定過程をていねいに検証し、公文書利用者・歴史研究者の立場から公文書管理制度の今後を展望する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン