作品詳細

読売屋 天一郎
千金の街~読売屋 天一郎(六)~
660円
6巻まで配信中
読売屋を営む水月天一郎たちの元へ、南町奉行所の同心が読売の種をもってきた。吉原の遣手で「鬼婆あ」と恐れられるお稲が病に倒れ、武家に里子に出した息子に会いたがっているという話だった。「鬼の目にも涙」という読売種を調べ出したが、とんでもない悪事が発覚。天一郎たちは、吉原に巣食う闇と対峙する。江戸情緒と爽やかさ満点の人気シリーズ第六弾!
読売屋 天一郎
660円
築地の読売《末成り屋》。その主、水月天一郎の元へ勘…
読売屋 天一郎
660円
当代売れっ子の若手歌舞伎役者・姫川菱蔵が、てき屋の…
読売屋 天一郎
660円
武家出身で、いまは読売屋《末成り屋》の主となった天…
読売屋 天一郎
660円
旗本の息子ながら読売屋《末成り屋》の主となった水月…
読売屋 天一郎
660円
旗本の息子・水月天一郎と御家人の息子たちで営む読売…
読売屋 天一郎
660円
読売屋を営む水月天一郎たちの元へ、南町奉行所の同心…

この作品を読んでいる人にオススメ

辻堂魁の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン