作品詳細

The Signalman and The Ghost at the Trial
880円
身の毛もよだつイギリスの怪奇小説2編。『信号手』:ある鉄道信号手が、仕事場への訪問者に恐ろしい幽霊話を語って聞かせる。その話は本当なのか?『法廷の幽霊』:地方裁判所での審議を傍聴しているジョージ。彼は、被告の男が本当に友人を殺害したのか疑問に思っている。また法廷で奇妙な男を見かけ、なぜ彼は一言も話さずに自分をじっと見つめているのかと思う。この男は誰なのか?※本コンテンツは洋書です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン