作品詳細

剣客船頭
男泣(おな)き川~剣客船頭(二十)~
594円
20巻まで配信中
元南町奉行所の定町廻り同心の沢村伝次郎は船頭として生計を立てている。伝次郎のところへ、同心時代の小者で、いまは油屋を営んでいる音松が斬られたと知らせが入る。音松は、かつての伝次郎の仲間である定町廻り同心の探索の助をしていたという。音松を斬ったのは何者なのか。伝次郎は、下手人の探索に奔走するが――。人気シリーズ、ついに慟哭の最終巻!
剣客船頭
594円
夜闇に包まれた油屋を2人の浪人が襲った。金を渋った…
剣客船頭
594円
天神橋の袂(たもと)で一人の女の死体があがった。そ…
剣客船頭
594円
元南町奉行所定町廻り同心で、いまは船頭をしている伝…
剣客船頭
594円
元定町廻り同心の船頭・伝次郎(でんじろう)は、神田…
剣客船頭
594円
元南町奉行所定町廻り同心の船頭・沢村伝次郎(さわむ…
剣客船頭
594円
船頭として働く元南町奉行所の定町廻(じょうまちまわ…
剣客船頭
594円
船頭として日々を送る元南町奉行所定町廻り同心、沢村…
剣客船頭
594円
南町奉行所の元定町廻り同心・沢村伝次郎(さわむらで…
剣客船頭
594円
悲願の仇を討ち、新しい生活を始めた元南町奉行所定町…
剣客船頭
594円
南町奉行所の元定町廻り同心でいまは船頭となった沢村…
剣客船頭
594円
南町奉行所定町廻り同心をやめ、いまでは船頭として生…
剣客船頭
594円
南町奉行所の元定町廻り同心でいまは船頭として生計を…

この作品を読んでいる人にオススメ

稲葉稔の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン