作品詳細

人情同心 神鳴り源蔵
暗闇のふたり~人情同心 神鳴り源蔵~
660円
9巻まで配信中
紙問屋『松代屋』の若旦那・春太郎が何者かにかどわかされた。「身代金一千両」の文が届いたものの、金を払うこともなく、春太郎は無事に戻ってきた。続けて起こった足袋問屋『越後屋』を狙ったかどわかしでは、若旦那が亡骸となって見つかった。そして、さらなる騒動が――。相次ぐかどわかしの真の狙いとは!? すべてを解き明かした源蔵の人情裁きが冴え渡る!
人情同心 神鳴り源蔵
605円
参拝客で賑わう浅草寺。群衆にまぎれ竜吉は、密かにご…
人情同心 神鳴り源蔵
605円
困窮に喘ぐ武家の妻女が身を売っている。忍び込んだ札…
人情同心 神鳴り源蔵
605円
盗人と武士。身分は違うものの、竜吉と及川左京は、酒…
人情同心 神鳴り源蔵
660円
三人の町娘が、名を秘された武家屋敷へ奉公に出た。不…
人情同心 神鳴り源蔵
660円
「助けてくれたら百両出す」大工の寛吉が壁越しに聞い…
人情同心 神鳴り源蔵
660円
竜吉は二歳で、角兵衛獅子の親方に売られた。十七歳の…
人情同心 神鳴り源蔵
660円
足袋問屋『山木屋』の主人が殺された。三日前に殺され…
人情同心 神鳴り源蔵
660円
材木問屋『飛騨屋』が与力の高坂又五郎を抱き込み、源…
人情同心 神鳴り源蔵
660円
紙問屋『松代屋』の若旦那・春太郎が何者かにかどわか…

この作品を読んでいる人にオススメ

小杉健治の他の作品

光文社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン