作品詳細

蜜戯のあとさき
440円
「何年間も、わたしと娘の真理(まり)を騙しつづけて、しらじらしい」野中淳一郎は妻に罵倒され、離別する羽目に陥った。50歳で受けた手痛い報復である。だが彼はめげはしない。中年の磨かれた性技を駆使して、多彩な年齢(とし)の多様な肉体に大接近。その数12人。年齢をとっても性行為が若さを維持することを実証した。──悩める男たちの性の〃強化書〃としてお奨めの一冊。(『蜜戯の連環』改題)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン