作品詳細

井原西鶴殺人事件
660円
一糸まとわぬ豊満な肉体が、シーツに血染めのメッセージをのこして絞殺されていた。「紅葉は三浦の太夫」井原西鶴の言葉が、江戸と現代を結びつけ、連続殺人を呼び起こす! 警視庁の軟派刑事東郷猛と、短大助教授橋場久美子のコンビが事件を追ううち、つきとめたのは……。その底には西鶴の怨念が?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン