作品詳細

赤き月の廻るころ 二人の求婚者
506円
「掌への口付けは――所有の印だ」本当の意味も知らず神秘の国ツァーリアへ向かったレウリア。ジェラールとの再会に翻弄されつつも胸をときめかすレウリアだったが、ジェラールと二人っきりで谷底へ落ちてしまい!?

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン