作品詳細

捨子物語
1100円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。生れる子は本当は女に生れなければならない。しかし、不幸にも形だけは男に生れるだろう―第二次大戦末期、空襲に破壊される大阪を舞台に、死と孤独の淵を歩む少年を描いて、自らの生の原点に降り立った、著者の処女長篇小説。高橋文学の全てを凝縮した感動の名著。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン