作品詳細

岡山女
506円
左目が疼く――。また、どこかで死霊が騒いどるんか。妾として囲われていた男に日本刀で切り付けられ、左目と美しい容貌を失ったタミエ。代償に手に入れたのは、暗い眼窩に映る禍々しい死者の影だった。やがて「岡山市内に霊感女性現る」と新聞でも取り上げられ、タミエの元に怪しい依頼客たちが訪れるようになった。隻眼の女霊媒師を主人公に、彼岸と此岸の間を体感する怪奇小説の白眉。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン