作品詳細

大菩薩峠
大菩薩峠(20)
715円
20巻まで配信中
福井城下で福松と別れた兵馬は長浜に戻り、竜之助、お雪の名を記す卒塔婆に出会い、胆吹では廃墟と化した王国を前に立ちすくむ。その王国を見限ったお銀様は、京山科で再び巨大な財力を背景にした新たな計画を企てていた。一方、竜之助は新撰組の一派と過ごしたのち、寂光院の尼僧のもとに寄宿する。駒井らの船は椰子林がある無人島へ到着、新生活の建設に着手する。また与八は、子供たちの教育や荒地開拓に情熱を傾けていた……。「山科の巻」「椰子林の巻」を収録し、完結。
大菩薩峠
715円
原稿枚数一万五千枚に及ぶ世界最大の大河小説。魔剣「…
大菩薩峠
825円
第一巻につづき「竜神の巻」「間の山の巻」「東海道の…
大菩薩峠
825円
甲州白根山麓での安息の日々もつかのま、机竜之介は甲…
大菩薩峠
825円
甲府勤番に左遷されて、なお悪行を企む神尾主膳。その…
大菩薩峠
825円
神尾主膳の奸計が功を奏し、甲府勤番支配の駒井能登守…
大菩薩峠
715円
一夜を江戸吉原に遊んだ机竜之介は喀血、半死半生の身…
大菩薩峠
825円
米友の長屋をでた竜之助は染井の化物屋敷に戻るが、ま…
大菩薩峠
825円
染井の化物屋敷が全焼してのち、姿を消した竜之助の足…
大菩薩峠
825円
お雪にともなわれ、信州白骨の温泉へ赴いた竜之助は、…
大菩薩峠
825円
与八が竜之助の一子・幾太郎を養育する武州沢井町。当…
大菩薩峠
825円
竜之助を追って兵馬は雪の白骨へ到ったが、竜之助を見…
大菩薩峠
825円
竜之助との間を理由ありげに噂され、お雪は不安を募ら…

この作品を読んでいる人にオススメ

中里介山の他の作品

ちくま文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン