作品詳細

情熱の一夜の贈りもの
660円
二人の再会が夢ならいいのに。真実を告げるには遅すぎるから。アレックス! まさか秋のニューヨークで彼と再会するなんて。かつて彼にひと目惚れしたデイジーは運命を信じ、結局裏切られた。アレックスにとっては手軽なひとときを過ごしただけのことで、デイジーは幼く愚かな自分に深く絶望したものだ。今、再会した彼はようやく身を固める決心をしたみたいだけれど、妻なんて法律で認められたベッドの相手としか考えていないらしい。やっぱりこの人は変わっていない。別れたのは正解だったのよ。あの秘密を知られる前に、ふたたび彼の前から立ち去らなければ。私の息子──アレックスと同じ緑の瞳をもつ子どもの存在と、その子に“パパ”と呼ばせている別の男性がいることを……。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン