作品詳細

黒田官兵衛、一世一代の大博打「九州の関ヶ原」徳川家康との虚々実々
104円
慶長5年(1600)関ヶ原の戦い。豊前中津にいた黒田官兵衛は、自身の夢に向かって大博打を打つべく、九州平定を開始した。密かに臨んだ天下取り。しかし、徳川家康の眼は、その魂胆をも見抜いていた。家康と官兵衛、腹の探り合いのエピソード。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン