作品詳細

むしろ素人の方がよい―防衛庁長官・坂田道太が成し遂げた政策の大転換―(新潮選書)
1056円
1974年に三木政権の防衛庁長官に就任した坂田は、防衛・安全保障の「素人」を自認しながら、「玄人」にはできない数々の改革を推進。「防衛計画の大綱」策定など日本の防衛政策に大きな足跡を残した。在任期間は歴代最長の747日。その業績から日本の防衛政策と自衛隊の歩み、そして政治家のあるべき姿を描きだす。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン