作品詳細

カクリヨの短い歌
カクリヨの短い歌3
627円
3巻まで配信中
和歌の世界で交錯しあう複雑な人間模様――。「梅は咲いたか、桜はまだかいな……」 春風に漂う白檀の香りを味わうように目を閉じ、真晴は笑った。 どこか血の臭いが似合うような、凄惨な笑みだった。「待ちに待った季節。せいぜい艶やかに咲いて、気が向いたら散ってやるさ」 桜は咲いて散るものだと信じていた。 ひと思いに散ることもできずに枯れ死ぬことがあるとは、思っていなかった。とある仏像を狙う孤高の天才歌人・帳ノ宮真晴と、彼女を狙う若き歌詠み――椿市と振根。そこへ祝園完道を加えた各人の思惑が「鎮花祭」で交錯する。三十一文字を巡る物語・第三章、桜は咲いて散るものだと信じていた………。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン