作品詳細

新黙示録
新黙示録 呪禁の秘剣
486円
7巻まで配信中
バイオレンス&エロスが繰り広げられる長篇伝奇ロマン! 縄文時代に津軽一帯に絢爛たる文化を築いたホツマは、弥生の民の奸計に滅びた。その弥生の血をひく岩嶺家は、軍団“火の矛”を擁し、日本の政財界を牛耳っていた。いましも岩嶺家がオーナーのやまと鋼鉄は、ホツマの末裔率いるみちのく製鉄を合併すべく暗躍していた。 長脛元彦。ホツマの救世主となるべく孤月の宝剣を賜った超呪術者である彼は、陰謀を阻むべく立ち上がった。 古来よりの呪力を自在に操り、民族の再興と復讐に賭けるホツマの死闘。古代の確執が現代に甦り、血の嵐を巻きおこす!●志茂田景樹(しもだ・かげき)静岡県生まれ。おひつじ座のA型。中央大学法学部卒。塾講師、新聞記者などを経て、1976年秋に『やっとこ探偵』で第二七回小説現代新人賞を、1980年には『黄色い牙』で第八三回直木賞を受賞。
新黙示録
486円
黄金の埋蔵地をめぐって闇の死闘が始まる! 横浜と神…
新黙示録
486円
血染めのメッセージ「龍と香の誅殺」が意味するものは…
新黙示録
486円
妖艶な美女、謎の銅鐸、そして黄金を求めて対立する組…
新黙示録
486円
裏社会で生きてきた男が超能力を身につけて戦いを挑む…
新黙示録
486円
能登で起きた連続殺人事件には、古代の暗号が隠されて…
新黙示録
486円
古代文字を解読するうち、恐ろしい人体実験の陰謀が明…
新黙示録
486円
バイオレンス&エロスが繰り広げられる長篇伝奇ロマン…

この作品を読んでいる人にオススメ

志茂田景樹の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン