作品詳細

記憶する技術
799円
記憶力は、一生、鍛えることができる。司法試験界の「カリスマ塾長」として知られる、「伊藤塾」塾長の伊藤真氏は、こう断言する。日本で最難関の試験といわれる司法試験に合格するためには、膨大な量の事柄を覚え、それを使いこなすことができなければならない。60歳を過ぎてから勉強を始めて、合格する人もいる。その人たちは特別なのかといえば、そんなことはない。「記憶する技術」をもっているかどうかである。それはたとえば、記憶を効果的に定着させたり呼び覚ましたりするためのコツや、記憶する対象に関心をもつといった意識のことである。本書では、これまで多くの塾生を指導してきた中で培われた、また著者自身が実践してきた、「記憶」を自由自在にコントロールする方法を伝授する。【目次より】・60歳を過ぎても司法試験に合格できる理由・記憶量の増え方は「足し算」ではなく「かけ算」・毎年300人、15年分の塾生の顔を覚えられるわけ・復習のゴールデンタイムは「1時間以内」と「寝る前の5分」・なぜ、色鉛筆を使ったほうが覚えやすいのか?・B6カードを使う「論点ブロック法」という記憶法・受かる人のカンニングペーパー、落ちる人のカンニングペーパー・全盲の受験生が教えてくれた「耳の記憶力」の鍛え方・「一日をふり返る訓練」をしよう・マイナスの記憶をプラスに変換する方法

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン