作品詳細

随筆集 愛の道しるべ
1472円
人生とは心の中に道しるべを建てる旅であり、美しい愛の花を咲かせる旅である。国民詩人・坂村真民が遺した幻の随筆集・三部作。四半世紀の時を越え、新装版として、ここに完結。生きることのかなわなかった亡き長女への想い、尊敬してやまない一遍上人の生き様、自身を形成するバックボーンなど。これまで以上に内面に踏み込んだ話の数々は、多くの人や教えに触れながら流れてゆく著者の人生を、ときに悲しく、ときに美しく描き出す。*目次より● もっとも美しかった母● お地蔵さまとわたし● 旅終い● はまゆうの花● つゆくさのつゆが光る時● 印度の石● 足の人● 生きている一遍● こんにち、ただいまに立つ人

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン