作品詳細

雁渡り 照降町自身番書役日誌
648円
日本橋は照降町で自身番書役を務める喜三次が、理由あって武家を捨て町人として生きることを心に決めてから3年。下町に生きる庶民の人情や機微、暮らし向きを端正な筆致で描く、胸にしみる人情時代小説!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン