作品詳細

願いごとは秘密に
550円
心を奪われたすみれ色の瞳を忘れるなんてできるわけがない。■「私はチャーリー・スミスよ」「僕の名はデンヴァー・スミス」政府の諜報部員という仕事柄、思わず偽名を名乗ったデンヴァー。彼は目の前の美しい女性を見つめながら、心の中で叫んでいた。チャーリー・スミスだって? 違う!彼女は、シャーライン・チャンドラーじゃないか。数年前、妹の卒業式でたった一度目が合ったきりの彼女。あれ以来、ずっと心に焼きついているすみれ色の瞳を、僕が絶対に見間違えるはずはない。信じられない。今や彼女はすっかり大人の女性に成長して、手を伸ばせばたやすく抱き締められる場所にいる。これは何かの罠なのか?でなければ上流階級のお嬢様のシャーラインが、なぜこんな田舎町に隠れ住んでいるんだ!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン