作品詳細

つれづれノート
川のむこう つれづれノート(14)
594円
14巻まで配信中
みわたせば、遠くのあちこちにも、過去にも、似たような人は、いる。点在していて、それぞれにみんな独自の道を歩いている。このひとりぼっちな感じは、しょうがないものだ。ここが私の居場所だから。(本文より)
つれづれノート
550円
エッセイ風なものを書いてみました。日常生活の機微が…
つれづれノート
506円
前回のを、おもしろく読んで下さった方々がいたので、…
つれづれノート
550円
この空の下、人々のドラマは今日もいくつも生まれては…
つれづれノート
594円
遠い島々、暑い日々。青空の下、雲の下。波の白さに深…
つれづれノート
594円
行ってしまったバナナ酒、私はすっかり悲しくなって、…
つれづれノート
682円
今、すごく悲しいことがあって立ち直れないかも知れな…
つれづれノート
594円
どうせなら、気分よく流れるようにすごしたい。時には…
つれづれノート
638円
日々は等しくすぎていき、山は谷ともなり、谷は山とも…
つれづれノート
638円
本当はいつも、あのことを、考えてなきゃ、いけなかっ…
つれづれノート
638円
何か愉しみをみつけたら、スッとそちらに目がいきます…
つれづれノート
550円
こどもたちの成長を見守りながら、毎日のちょっとした…
つれづれノート
638円
宮崎へ移住した銀色親子。新しい家族の一員として犬も…

この作品を読んでいる人にオススメ

銀色夏生の他の作品

角川文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン