作品詳細

ブッダの最期のことば
1257円
「怠けるな」――が、ブッダの最期の言葉インドの北方(現在のインドとネパールの国境付近)に生まれたブッダ(釈尊)は、滅後2500年がたつ。ブッダの臨終の言葉「世間は無常であるから怠けるな」は、ブッダが菩提樹のもとで悟りをひらいてからの45年間の教えを集約した言葉である。その真意を読み解く。■目次はじめに序  章 二つの『涅槃経』第 一 章 遺言「諸行無常のゆえに怠けるな」第 二 章 苦をなくす道は八つだけ―八正道第 三 章 ブッダは生きている第 四 章 永遠の仏の誕生第 五 章 内に秘めた不思議な可能性第 六 章 極悪人でもブッダになれる第 七 章 生類はブッダの影第 八 章 行いは人をつくる第 九 章 果実は種子の中にあるのか第 十 章 「女性は成仏しない」は邪説第十一章 比喩を使った臨終の説法第十二章 安らいで生きる方法終  章 日々、ひたすら八正道に生きるおわりに

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン