作品詳細

日照り草 梟与力吟味帳
本編
540円
吟味方与力の藤堂逸馬が北町奉行所に出仕すると、滅法いい女が待っていた。訴人の依頼によって代言などを行う公事宿『叶屋』の主人・真琴だった。水茶屋の女殺しで死罪は免れない下手人を詮議し直せと迫ってきたのだ。世の闇を見通す”梟与力”とやり手の女公事師、全面対決の顛末やいかに? シリーズ第2弾。(講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン