作品詳細

直江兼続と関ヶ原の戦いの謎 〈徹底検証〉
本編
540円
秀吉、家康ら戦国武将に、最も畏怖された男の生涯。関ヶ原の戦い前夜、正々堂々、家康のやり口を批判し、6万9千余からなる家康の上杉征伐軍を迎え撃って、あくまでも”義戦”を貫徹しようとした男、直江兼続。謙信に学び、長じて景勝に仕え、越後・上杉家の家宰として”利”を求める戦国乱世の時代に、”義”を貫いた生き様を描く。〈文庫書下ろし〉(講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン