作品詳細

月蝕紀列伝
月蝕紀列伝 氷剣悲歌
561円
11巻まで配信中
「私を買ってください」。ひとりの少女の言葉。それは黒衣の剣士フレオリックと自称相棒のピュティアを、街の闇に蠢く醜悪な影へと誘う招待状であった。謎の黒装束の刺客がフレオリックを襲い、奇怪な怪物がその行く手を阻む!やがて、凄惨な死闘の果てに、彼らは悲しい結末を迎えようとしていた!!(「斬月」より)。冷酷な剣鬼フレオリックと元盗賊のピュティア―出会うべくして出会ったふたりの強い絆を、10作の物語が描き出す。脅威の書き下ろし7作!月蝕紀列伝シリーズ初の短編集。
月蝕紀列伝
561円
盗賊の少女ピュティアは見た―その男が、半獣人と化し…
月蝕紀列伝
604円
その首に懸けられた賞金、金貨三千!ヤーバシアの元国…
月蝕紀列伝
604円
焼け焦げた多数の人骨が散らばる森の中、古びた木製の…
月蝕紀列伝
561円
ヤーバシアの元国王であり、その首に金貨四千の賞金を…
月蝕紀列伝
518円
魔剣アクーザルによって、フレオリックの愛剣グリード…
月蝕紀列伝
561円
時は魔道士セイル・グレイが『ティーズの脅威の一座』…
月蝕紀列伝
518円
簡単な仕事―のはずだった。ふとしたことから知り合っ…
月蝕紀列伝
518円
内乱の影覆う港町アムサール。ミシュハバードへ向かう…
月蝕紀列伝
518円
天空に浮かぶ奇怪な巨岩が、ミシュハバード太主の宮殿…
月蝕紀列伝
604円
凶相を宿し、月蝕の刻が迫る。世界はおののき、恐怖に…
月蝕紀列伝
561円
「私を買ってください」。ひとりの少女の言葉。それは…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

富士見ファンタジア文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン