作品詳細

死を見つめ、生をひらく
616円
死は生の終着ではない、生への「出発」である死とは何か?虚無(終着)である―この“定説”が神なき現代社会を縛りつけている。いま、私たちが行うべきは、死の問い方を「何か」から「何でありうるか」と修正し、一人一人が「死すべき私」を起点として自らの生を定義づけることだ。プラトン以来の人生観の一八〇度転回を求める“逆転の思考”を提示する。第一章 医学は死を背負いきれない第二章 イエとムラが支えた死生観第三章 合理主義がニヒリズムを生んだ第四章 人間を動物化させる資本主義第五章 「延命」の果てにある「虚無」第六章 死は「出発」である

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン