作品詳細

上杉鷹山の師 細井平洲
660円
借財、なんと十数万両。破綻間際の米沢藩に迎えられた若き藩主、上杉鷹山は、倹約を徹底し財政改革に取り組む。しかし因習にまみれた藩の改革は並大抵のことではない。鷹山を支えたのは「治者は民の父母であれ」という、師の細井平洲の教えであった。「恕――大切なのはやさしさと思いやり」等、日本人の美しい心を愛した”へいしゅうせんせえ”の言葉の数々。困難なときにこそ読みたい感動の一冊。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン