作品詳細

原発事故と甲状腺がん
463円
原発事故から27年経った今も、チェルノブイリの健康被害は終息していない。福島で同じ悲劇を起こさないためにできることは何か。チェルノブイリで医療支援活動に携わった医師による提言。2011年3月11日、福島第一原発事故が発生。政府や東京電力が繰り出す事故対策は後手にまわり、放射能災害の危機管理の甘さが露呈した。事故後2年が経ったいまも、その状況はほとんど変わっていない。チェルノブイリ原発事故の被災地で医療支援活動に携わった医師であり、現在は長野県松本市長を務める著者が、被曝による健康被害の実相を明らかにし、その具体策を果敢に提言する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン