作品詳細

トッププレゼンターの技術 表現力
550円
★プレゼン必勝のコツをあなたにも⇒ http://qb.impress.jp/presen/ ★シリーズ2冊目。プレゼンテーションのやり方にはちゃんとしたルールとトレーニング方法があります。きちんと身につければ、あなたにとって一生もののスキルとなりますよ!=本文より=本来、分かりやすく説明するはずの「スライド」が、聴衆を眠い・辛い・退屈にさせる原因の一つとなっています。これは一体、どういうことでしょうか?(中略)改めて「分かりやすいスライド」と「分かりにくい言スライド」の違いを考えてみましょう。それはプレゼンテーションの「構成」と同じで、「聴衆のために」スライドを考えて作っているかどうかの違いです。 本書ではプレゼンテーションの為の「スライド」について、考え方、使い方、作り方を解説していきます。【目次】トッププレゼンターはスライドも「聴衆のために」考えるスライドで表現する●「プレゼンテーション」のためのスライドを作ろう!・眠い・辛い・退屈の原因は、そのスライドにあり・見えないスライドに価値は無い・どぎついスライドは困りもの・細かいのを詰め込みすぎると迷子になる・ロジックが無いのも困りもの・何の意味?・信じられないのは論外・見出しで聴衆の興味を引き出す・1 Slide 1 Message・本当は効果的なアニメーションスライド作成は奥が深い…… 【著者】西原 猛(にしはら たけし)1974年生まれ。京都府出身。プレゼンテーション教育の第一人者、箱田忠昭氏に師事したのち、講師の育成とプロデュースを手がける教育企業の取締役として、日本にプレゼンテーション教育を普及すべく取り組んでいる。NPO法人日本プレゼンテーション協会理事。※impress QuickBooksは出版社のインプレスが、「スマホで読むための電子書籍」として企画しています

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン