作品詳細

犬でわるいか 萬月夜話其の二
本編
495円
「世界でいちばん猥褻なことは、支配、被支配です。たかが人間が世界を、あるいは他者をもっともらしい理屈をつけて支配するということに関して、俯いて溜息を洩らしてしまいそうな羞恥を覚えてしまうのだ」。この目線と佇まいを作家は小説に昇華する。「犬」「オートバイ徒然草」など必読の日記エッセイ。(講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン