作品詳細

体あたり現代短歌
1408円
三回忌を迎える河野裕子の原点ともいえる評論デビュー作。真正面から短歌と向き合い、身体ごと、いや魂ごとぶつかっていった渾身の軌跡。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン