作品詳細

いで湯暮らし
440円
棚作りに一カ月かける職人、地道に変わらぬ味を出す食堂。下町風情のある東京”谷根千”を拠点に著者は、昔ながらの流儀を続け、地元に誇りをもって生きる人々と触れ合うために各地へ。大正時代の本館が残る青森の蔦温泉、山形の湯治場はしご、本を読んで会いたくなった漁師を能登に訪ね、さらには喜界島、台湾、マレーシアへも。歩いて食べて、そこにしかない暮らしを肌で学ぶ、貪欲な旅エッセイ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン