作品詳細

遺影(『霞町物語』講談社文庫所収)
104円
祖母の四十九日法要がすんだ10月も半ば、あの日歌舞伎座であった老紳士が祖父に遺影を撮ってもらおうとやってきた。いつも明るい母は絶句し、穏やかな父は目を吊り上げる。そして明らかになる美しかった祖母と家族の秘密とは。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン