作品詳細

透明な遺書
本編
  • 【期間限定】第1巻が 660円⇒462円!12月19日まで
  • ※割引となる作品は割引後の金額が表示されていますので、ご確認の上でご購入ください。
462円
「警察は自殺だと言ってます。でも、私は自殺だなんて信じてません」福島県喜多方で排ガス自殺と断定された父の死因を承服できない清野翠。翠の父の友人であった「歴史と旅」藤田編集長の依頼をうけて浅見光彦は、彼女とともに残された”透明な遺書”をよりどころに、正々堂々、喜多方にむかうのだが。(講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン