作品詳細

奉行の杞憂 八丁堀手控え帖
本編
607円
独断専行、一匹狼の探索を得意とする若き隠密廻り同心・深見十兵衛。だが今度の遠山奉行からの命は勝手が違う。北町奉行所の同心の間で起きた刃傷事件と、禁制品の鉄砲所持が明るみになった捨訴。老中水野に取り入った目付の鳥居耀蔵に介入されたくない遠山奉行は、十兵衛に、同僚たちの内偵を命じた。あぶり出されたものは? 恨みを買っていた者は誰か? くぜ者揃いの組織の闇に、若き十兵衛は斬り込めるのか? (講談社文庫)

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン