作品詳細

空と山のあいだ 岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間
517円
昭和39年1月、岩木山で高校生5人の遭難事故が起きた。連日の大がかりな捜索にもかかわらず5人の行方はわからなかった。岩木山は標高わずか1600メートルの円錐形の単独峰だ。その時5人に何がおきていたのか。※本作品は紙版の書籍から解説が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン