作品詳細

[新訳]ガリア戦記・下<普及版>
950円
遠征に終止符を打つガリア連合軍との一大決戦となった包囲戦は、ローマ軍にとっても死力を尽くす戦いとなった!<下巻目次>第五巻(紀元前五四年)第二次ブリタンニア遠征/エブロネス族による第十四軍団の壊滅/ネルウィイ族によるキケロ陣営への攻撃/北方部族の間における反乱の拡大/第六巻(紀元前五三年)ガリア全土における反乱の拡大/第二次ゲルマニア遠征/ガリー人の制度と風習/ゲルマニー人の制度と風習/エブロネス族の討伐/第七巻(紀元前五二年)全ガリアの共謀と指導者ウェルキンゲトリクス/アウァリクムの攻囲と占領/ゲルゴウィアの戦闘と攻略断念/ガリー人の蜂起/アレシアの決戦/ハエドゥイ族とアルウェルニ族の降伏/第八巻(紀元前五一~五○年)序文/ビトゥリゲス族、カルヌテス族、ベッロウァキ族などの反乱/ウクセッロドゥヌムの攻囲と占領/内乱の影――カエサルと元老院の思惑
完結

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン