作品詳細

国家と犯罪
825円
冒険小説の雄が世界の辺境を歩いた傑作ルポ「わたしは比較的辺境を旅することが多いが、ときどき眩暈を覚えるような光景に出くわすことがある。そこでは人間があまりにも簡単に殺されるのだ……。 国家に対する犯罪。 国家による犯罪。 本書はその二つの相関についてのささやかな旅の報告である(「序にかえて」より) キューバ、メキシコ、中国、クルディスタン、イタリア…世界の辺境では、いま何が起きているか? 『山猫の夏』『砂のクロニクル』など傑作冒険小説を描き続ける作家が世に問うた巨弾ルポルタージュ。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン